トナーの汎用品と互換品の違い

img1-1

トナーを安価に手に入れようとすると純正品から他のものにかえるのが一般的です。

最も安価なのがリサイクル品ですが、何度も使用していることからカートリッジの劣化が気にかかってしまう場合が多いのも確かでしょう。

NTTトナーに関する情報を紹介するサイトです。

新品を利用しながらも安く購入できるものとして、汎用品と互換品があります。
この両者の違いについて理解しておくとどちらを選ぶかを判断しやすくなるでしょう。


汎用品は基本的には純正品と同じものです。

純正品を製造販売しているメーカーが同じ工場で生産しているのが一般的ですが、それをOEM版として提供しているのが純正品との違いになります。


メーカーによる無償保証が受けられないのが純正品と異なりますが、その代わりに値段を下げることができているのが特徴です。


一方、互換品は純正品に代替可能なトナーとして他のメーカーによって製造されたものになります。


そのため、純正品に似せて作ってあるものの、使用されている材料は異なるのが通常です。



カートリッジの材質を安価なものにしたり、インクの価格を下げたりして値段を安くしているのが一般的ですが、それによって品質が損なわれないように工夫が施されています。必ずしも純正品と全く同じ品質が保たれているわけではありません。しかし、トナーとして選んでもらえるように品質についての努力が続けられているのが現状です。

カートリッジの違いが誤作動を生む場合もあるので注意が必要ですが、多くの互換品ではその動作チェックも行われています。

All Aboutの情報をご案内しているサイトです。

トナーの話

img2-1

トナーとは、プリンターやコピー機などで色を紙に付着させるための、電子を帯びた粒子状の粉のことです。英語で色調を意味する『tone』という言葉が由来だそうで、プリンターの場合もコピー機の場合も、カートリッジという専用の機械に入れられており、それを指定の箇所にセットすることで、印刷できるようになります。...

more

最新考察

img3-1

最近ではより多くの人がプリンターを使うようになってきたのですが、各家庭においてはプリンターは非常に使い勝手が良い形でしっかりと使われ始めています。現在のプリンターに関してはよりたくさんのメーカーが出てきており、競争も激しくなっていることから商品の価格をどんどんと下げていく傾向にあります。...

more

皆が知りたい情報

img4-1

レーザープリンターや複写機は、オフィスで大量の印刷を行う時に欠かせない物であり、インクジェットプリンターにおけるインクと同じように、トナーと呼ばれる部品が必要になってきます。トナーは、メーカーの物を使いますと、ランニングコストが高くなりがちであり、その為、サードパーティーがリサイクルしたトナーの販売を行なっています。...

more

関連情報

img5-1

プリンターや複合機を使用していて印刷がかすれてきてしまうとトナー切れを疑うのが一般的です。特に最近の機種ともなるとエラーメッセージが表示されて、トラブルに関する情報が明確に表示されます。...

more
top