レーザープリンターや複写機のトナーの選び方

subpage-img

レーザープリンターや複写機は、オフィスで大量の印刷を行う時に欠かせない物であり、インクジェットプリンターにおけるインクと同じように、トナーと呼ばれる部品が必要になってきます。トナーは、メーカーの物を使いますと、ランニングコストが高くなりがちであり、その為、サードパーティーがリサイクルしたトナーの販売を行なっています。レーザープリンターや複写機の利点は、大量の文書を高速で印刷する事です。
高速で印刷する事によって、会議に必要な書類を複数冊用意するといった事が容易に出来るようになっています。
トナーは、品質が高い物を選ばなければ、ムラが出来たりして仕上がりが綺麗になりませんので注意が必要です。色は、シアン・マゼンタ・黄色・黒色の4色を組み合わせる事でフルカラー印刷を実現出来る点は、インクジェットプリンターと同じです。



レーザプリンターや複写機用のトナーは、コストが高くても、故障のリスクや保証の事を考えてメーカー製の製品を使うか、正規代理店で販売されているリサイクル品を使うか、サードパーティーによって販売されているリサイクル品を使うかといった選択肢があります。

確実に使える物を選ぶ事がレーザープリンターや複写機を長く使い続ける為の一つのポイントとなります。



根詰まりなどを起こしますと、プリンターや複写機本体の交換も必要になり、これがコストアップの大きな原因となってきますので、コストを上げないようにする為には本体が故障しないようにする事が大切です。



top