トナー交換をしても印刷ができなくなるケース

subpage-img

プリンターや複合機を使用していて印刷がかすれてきてしまうとトナー切れを疑うのが一般的です。

エプソントナーを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

特に最近の機種ともなるとエラーメッセージが表示されて、トラブルに関する情報が明確に表示されます。


しかし、交換してみたものの、それでもなお印刷がかすれてしまう場合がしばしばあるのが事実です。特に使用頻度が高いとそのような状況に陥りやすいでしょう。

この場合に疑った方が良いのがドラムの劣化です。
ドラムはトナーを用紙に転写するために必要な部分であり、長期間使用していると劣化が進んでしまいます。

メーカーによって両者が一体化しているものもありますが、実際にはドラムの方が交換頻度が低くて良いため、別々のユニットとしている場合も多いのが実情です。



一体型に比べると別々のユニットになっていた方がランニングコストが低くなります。
その点に着目して特に使用頻度が高い場所では別々のユニットになったデザインのものが好まれているのが現状です。

しかし、トナーの交換を3、4回程度行ってようやくドラムの劣化が見られるようになるのが一般的であり、現場で使用している人がドラムの劣化についての知識を持っていない場合もしばしばあります。

話題のYOMIURI ONLINEの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

少し古い機種になるとエラーメッセージとしても表示されない場合があるので注意しましょう。

印刷のかすれの主な原因はトナー切れですが、長期間にわたって頻繁に使用しているとドラムの劣化が原因になる場合もあるのです。

top